インプラント治療

  • Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 根管治療
    • ホワイトニング
    • 歯周病治療
    • インプラント
    • 予防歯科
    • 入れ歯治療
    • 口腔外科
    • 矯正治療
    • 歯牙移植・外傷
  • 初めての方へ
    • お約束事項
    • 診療の流れ
    • 選ばれている理由
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院情報・アクセス
  • 料金表
  • 医院ブログ
    • お知らせ
    • 学会レポート
    • 症例紹介
    • スタッフブログ

「滋賀ペリオインプラントセンター」のインプラント治療

「滋賀ペリオインプラントセンター」は滋賀県守山市の歯医者「おおたに歯科医院」に併設され、歯周病とインプラント治療を専門にした診療を行っています。歯を失った箇所に行う補綴(ほてつ)治療の一つであるインプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジにはない魅力を持っており、近年治療を希望される方も増えています。こちらでは、当院が手がける高精度で安全安心なインプラント治療についてご説明します。

インプラント治療とは?

歯科分野のインプラント治療とは、骨との結合がよい特性を持つ金属チタン製のインプラント(人工歯根)を使った治療法です。歯を失った顎の骨に人工歯根を埋入し、上部に人工歯を取り付けます。1本で独立しているため、周囲の歯を支えとして負担をかけることはなく、見た目にもどの歯が治療した歯か見分けがつかないほど自然な仕上がりになります。なにより、入れ歯やブリッジでは得られなかった、自分の歯で咬むような咬み心地が手に入ると人気です。

インプラント治療と入れ歯・ブリッジ治療との比較

入れ歯

歯型を採取して取り外し可能な人工歯を作る方法

メリット
  • 保険適用で安価
  • 約1ヶ月と短期間で完成
  • 修理がしやすい
デメリット
  • 壊れやすい
  • 使用感がよくない
  • 見た目がよくない

ブリッジ

歯を失った部分の両隣の歯へ橋をかけるように人工歯を渡す方法

メリット
  • 咬み心地がよい
  • 保険が適用できる
  • 違和感が少ない
デメリット
  • 土台となる歯を大きく削る
  • 健康な歯に負担がかかる
  • 磨きにくい場所ができる

インプラント

顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を固定する方法

メリット
  • 天然歯のような咬み心地
  • 天然歯のような見た目
  • 耐久性が高い
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 保険適用されず高価
  • 治療期間が長い

当院の取り扱いインプラント「ジンマーバイオメットインプラント 」について

「おおたに歯科医院」が併設する「滋賀ペリオインプラントセンター」では、歯科先進国アメリカでのシェア第一を誇る「ジンマーバイオメットインプラント 」を採用しています。コスト面と安全面の両方に優れています。

ジンマーバイオメットインプラント

ジンマーバイオメットインプラント

土台となる骨に骨量や強度が求められていたインプラント治療ですが、ジンマーバイオメットインプラント は、比較的柔らかい骨や薄い骨にも埋入可能です。埋入後に、骨の成長とともにしっかり固定されていきます。また、骨組織との親和性が非常に高いことから、埋入後の治癒期間が短いことも大きなメリットです。太いインプラントでも、同等の他メーカーのものと比較すると、早期に治癒期間が終わります。

GCインプラント

GCインプラントとは日本の歯科材料メーカーGC社が製作するインプラントです。国産インプラントで海外からの評価も高い。日本製ということで安心感もあります。

OneQ

海外製インプラントで、非常に審美性が高く、他社と性能を比べても劣りません。また、それだけのポテンシャルを有していながら、他のメーカーよりも安価です。

安全なインプラント治療を行うために

当院では、安全安心で高精度なインプラント治療をご提供するため、高度な医療設備を導入しています。

歯科用CT

歯科に特化したCTスキャンです。三次元的に、歯や顎の骨、神経などの大きさや位置関係を把握することができます。従来の二次元的なレントゲン画像では確認できなかった部分まで、確認できるため、精密な治療の実現に大きく貢献します。

アイキャットシステム

顎の骨へインプラント埋入を行う際に、事前に埋入位置や深さ、角度などをシミュレーションできる専用ソフトウェアです。CT撮影で得た3Dデータを活用します。正確な位置に正確な角度でインプラント体を埋入できるため、精密で安全な治療につながります。

オペレーションルーム

外科手術を必要とするインプラント治療では、通常の歯科治療よりもさらに厳密な衛生管理が求められます。当院では、インプラント治療に必要な設備が十分に整った専用のオペレーションルーム(手術室)を使用し、安全安心な治療を行っています。

ちょっと待って!ご自身の親知らずを移植できるかもしれません

インプラント治療は画期的な治療法ではありますが、人工物をお口に取り付けるため、不安な要素も残ります。しかし、自分の余分な歯があれば、歯を失った箇所へ移植することができます。それが歯牙移植です。ご自分の歯と組織(歯根膜など)を移植するので、拒絶反応もありません。条件を満たした移植可能な親知らずがある場合は、「自家歯牙移植」ができる可能性があります。40代以下の若い方なら、さらに成功率は高まります。インプラント治療を検討中で、歯牙移植にご関心がある方は、ぜひ当院へご相談ください。

当院が対応する特殊なインプラント治療

滋賀ペリオインプラントセンターでは、高度なインプラント技術を活用した特殊なインプラント治療を手がけています。顎の骨量が少ないためにインプラント治療はできないと断られた方も、当院でなら治療が可能な場合があります。高度なインプラント治療をご希望なら、ぜひ当院へご相談ください。

ALL on 4

片顎につき4本のインプラントで総入れ歯と固定する方法です。インプラント埋入手術をした当日に仮歯を固定しますので、「歯がない」期間がありません。また、即日終了しますので、治療回数・期間も短く治療費も抑えられ、その日のうちに食事をとることができます。

ソケットリフト

インプラント埋入には顎の骨が不足しているケースで、骨の再生を行う方法です。上顎の上にある上顎洞という空洞を下から押し上げ、骨補填材や自家骨を入れて骨の厚みを作ります。

サイナスリフト

ソケットリフトと同様の原理ですが、サイナスリフトでは、上顎洞の底に完全に穴を開けて上顎洞の横から骨補填材や自家骨を挿入し、骨の厚みを確保します。

GBR

歯周病治療にも用いられる骨の再生療法です。骨が不足している部分に、特殊な膜を設置し、骨の再生を促します。

グラフトレス

短いインプラントを使用したり、骨が多く残っている部分を選んで埋入したりすることで、骨量が不足しているケースにもインプラント埋入を行う方法です。

抜歯即時インプラント

歯の抜歯したところへ同時にインプラントを埋入する方法。治療期間の短縮のほか、身体への負担も軽減し、見た目にも「歯がない」期間がありません。回復も早い傾向にあるのが特徴です。

フラップレス

歯ぐきに小さな穴を開け、インプラントの埋入を行います。歯ぐきの切開が不要になり、身体への負担が小さく抑えられると同時に、治療期間も短くなります。腫れや痛みがほとんどないというメリットもあります。

症例紹介

インプラント症例①

経過1

奥歯を1本抜いて、2本のインプラントを埋入する計画をたてました。

経過2

2本のインプラントが予定通りに埋入されています。インプラントの周囲に歯肉の移植も行っています。

経過3

インプラントに土台を装着したところです。

経過4

セラミックを装着したところです。歯肉の状態も良好です。

インプラント症例②

経過1

歯の周りの歯茎がよく腫れるとのことで来院されました。

経過2

虫歯が歯の根のほうに進行したために破折していました。残念ながら抜歯になりました。

経過3

歯を抜いたときにソケットプリザベーションという増骨処置を行っています。

経過4

インプラントの埋入を行いました。

経過5

最終のセラミックを装着したところです。審美的にも機能的にも満足されています。

経過6

レントゲン的にも問題はありません。

インプラント症例③

経過1

虫歯のために他医院にて抜歯されたそうです。隣のきれいな歯を削りたくないとのことでインプラント治療を希望されて当医院に来院されました。

経過2

垂直的な骨が足りないのでソケットリフトと言う増骨処置を行う必要があります。

経過3

ソケットリフトを行いインプラントを埋入したところです。

経過4

2次手術の後インプラントの上にアバットメントと言う土台を装着したところです。

経過5

最終的なセラミックを装着したところです。隣の歯を削らずに回復することができました。

インプラント症例④

経過1

かぶせ物が脱離したとのことで来院されました。インプラントを希望されました。

経過2

インプラントの上に土台を装着したところです。

経過3

最終のセラミックを装着したところです。大変満足されています。

インプラント症例⑤

経過1

前歯3本がない状態です。インプラントにより機能と審美を回復していきます。

経過2

模型上で仕上がりを想定した、綿密な診断を総合的に行います。治療を進めていく上でこの部分がたいへん重要となります。

経過3

模型上で診断したとおりに正確にインプラントを埋入していきます。この時は、骨の厚みが足りなかったので、 増骨処置も同時に行っています。

経過4

インプラントの上に土台を装着したところです。

経過5

しばらく仮歯の状態で歯茎のなじみを待ちます。

経過6

最終のセラミックを装着したところです。計画どうりに回復できていると思います。

経過7

この患者様は前歯だけでなく、奥歯にもインプラント治療をすることにより上下ともに入れ歯を使用することなく 日常生活をおくれるようになりました。

インプラント症例⑥

経過1

入れ歯ではなくインプラントによる固定式の治療を希望されて来院されました。

経過2

残念ながらレントゲン的に見てすべて抜歯という診断になりました。

経過3

上下にインプラント治療を行いました。

経過4

当初の希望である固定式の治療ができました。なんでも良く咬めると喜ばれています。

インプラント治療のご相談はこちらからお気軽にどうぞ

おおたに歯科医院 滋賀ペリオインプラントセンター
077-514-4040

【月~金】10:00~13:00 / 14:30~19:00
【土】10:00~17:00 ※休診日:木・日・祝