虫歯治療

  • Home
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療
    • 審美歯科
    • 根管治療
    • ホワイトニング
    • 歯周病治療
    • インプラント
    • 予防歯科
    • 入れ歯治療
    • 口腔外科
    • 矯正治療
    • 歯牙移植・外傷
  • 初めての方へ
    • お約束事項
    • 診療の流れ
    • 選ばれている理由
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院情報・アクセス
  • 料金表
  • 医院ブログ
    • お知らせ
    • 学会レポート
    • 症例紹介
    • スタッフブログ

なぜ虫歯はできるのかご存じですか?

虫歯はとてもポピュラーなお口のトラブルです。虫歯の治療を受けた経験がある方は多いのではないでしょうか。しかし、なぜご自分の歯に虫歯ができ、痛みやしみる症状が出るのかご存じでしょうか?

虫歯はお口の感染症であり、口腔内では歯に付着するプラーク(歯垢)の中に虫歯菌は潜んでいます。食後にお口に残った糖分を栄養源に「酸」を生み出し、この酸によって歯を溶かされているのが虫歯なのです。虫歯を予防するためにも、プラークや糖分をお口の中から減らすブラッシングが重要になってくるのです。

滋賀県守山市の歯医者「おおたに歯科医院」では、虫歯になった歯もできるだけ残せるような治療をご提案しています。そのためにも、予防や早期発見・早期治療をおすすめしています。もし「虫歯かな?」と思う症状があるなら、お早めにご相談ください。

虫歯の段階と治療法について

C0(ごく初期の虫歯)

歯の表面にあるエナメル層が虫歯菌の出す「酸」によって溶かされています。白く濁って見えますが、痛みなどの自覚症状はまったくありません。

効果的なブラッシングを続けたり、フッ素塗布やミネラル分を含む歯磨き粉を使ったりすることで、歯の再石灰化が促せれば、歯を削ることなく治癒することができます。

C1(エナメル質の虫歯)

エナメル層の下にある象牙質が露出するほど歯が溶けています。刺激が象牙細管を通って伝わり、冷たいものを口にすると、しみる症状が出てきます。

虫歯に汚染されている部分(溶かされている部分)を削り、白いレジン(歯科用プラスチック)で埋める処置を行います。

C2(象牙質の虫歯)

象牙質も溶かされてきています。冷たいもののほか、甘いものを口にしても歯がしみるようになります。治療時に痛みを感じることがあります。

治療時には麻酔を施すケースもあります。汚染された歯質を削り取り、その後に歯科用プラスチックか詰め物を取り付けます。

C3(神経まで達した虫歯)

歯に空いた穴が歯の内部を通る歯髄(しずい:神経や血管の通り道)まで達しています。何もしていないときでも歯が激しく痛み、温かいものを口にしてもしみるようになります。

歯髄を取り除き、内部を消毒し、被せ物を取り付ける根管治療を行う必要があります。

C4(末期の虫歯)

歯ぐきから上に出ているはずの歯質(歯冠)がほとんど溶かされてしまっています。神経が死んでしまっているため、痛みは感じません。放置すると歯の根の内部が膿んで、再び激しい痛みが始まります。

条件が合えば、根管治療で対応できるケースもあります。しかし、ほとんどの場合、歯を残すことが困難になり、抜歯せざるをえないことがあります。

重度の虫歯でも歯を残せる可能性があります

従来の虫歯治療では、C4まで進行した歯は抜歯しなくてはなりませんでした。そこで登場したのが、「根管治療(こんかんちりょう)」です。根管内の虫歯菌に冒された歯髄(神経や血管)を取り除き、内部を消毒したのち、薬剤を詰めることで歯の根を残します。当院では、マイクロスコープなどを駆使しながら精度の高い根管治療を行っております。他院で「歯を抜かなくてはならない」と診断されて、お悩みの方はぜひ一度当院へご相談ください。

「治療」から「予防」へと
意識を変えましょう

虫歯は治療したらそれで終わりではありません。虫歯は感染症ですので、1本の歯を治療しても、お口の中に虫歯菌が潜んでいる限り再発する可能性があります。治療後の健康なお口の状態を維持することは、虫歯予防にもつながります。早期発見・早期治療のためにも、予防歯科を活用して予防意識を高め、虫歯になりにくいお口にしましょう。

ご相談・診療ご予約はお気軽に。WEB予約は24時間受付中

おおたに歯科医院 滋賀ペリオインプラントセンター
077-514-4040

【月~金】10:00~13:00 / 14:30~19:00
【土】10:00~17:00 ※休診日:木・日・祝